男性ホルモンの注射で様々な悩みが改善

加齢とともに減少する男性ホルモンの治療

不調の原因は男性更年期だった加齢とともに減少する男性ホルモンの治療注射をするだけの治療で劇的に改善

治療法について尋ねてみると、男性ホルモンを補う注射が有効だといわれました。
男性ホルモンを注射して大丈夫なのかと少し不安になりましたが、どうやら年齢と共に減少して、その結果様々な不調に繋がることが分かりました。
加齢以外にもストレスがホルモンバランスに影響を与えるようで、長年の無理が症状になって現れたイメージです。
直ぐに男性ホルモンの治療を受けたいと伝え、注射を受けることになりました。
治療期間は半月以上掛かるとのことで、即効果は感じられないと思っていましたが、実際は短期間の少ない回数でもポジティブな変化が見られました。
最初に感じたのは気分の改善で、何でもネガティブに捉えてしまうことが、悩みに囚われ過ぎることがなくなっています。
悩みは悩みとして感じるのですが、最初よりも大きく膨らむのではなく、逆に時間の経過と共に萎んで縮小していく感じです。
悩みと同様に、不安感にもあまり支配されなくなったので、変化や男性ホルモン注射の凄さに驚いています。
やる気や身体の疲れは流石に年齢によるものだと諦め掛けていましたが、それも改善され始めたので驚愕です。
やる気は活力が内側からみなぎってくる感じで、即行動していた若い頃の感覚を思い出しました。
疲れは肉体の衰えだけではなかったようで、精神的な疲れが肉体に影響を及ぼしていた様子です。

男性更年期障害に打ち克ち、男を取り戻すための治療法と食生活https://t.co/o3oHe8ZsxQ
(夕刊フジの男性向け医療・健康サイト「DANTES」人気記事より)

コロナ禍で男性の重要なホルモンであるテストステロンが低下しているようです。
その対策は…。

— こちら夕刊フジ編集局 (@yukanfuji_hodo) July 16, 2020