男性ホルモンの注射で様々な悩みが改善

不調の原因は男性更年期だった

やる気が低下したり身体が疲れやすいと感じ始めた頃、悩みが増えて何かがおかしいと思うようになりました。
目の前のことに集中できなかったり、目標を達成するまでに時間が掛かるなど、ますますやる気を損なう悪循環に陥りました。
頑張った分が結果に反映されないので、次第に意欲がなくなって、なんて空っぽな人間なのだろうと虚しく感じます。
このことを友人に話すと、夜寝つきが悪くないか、小さい不安に考えが支配されていないかなどいくつか尋ねられました。
1つずつ答えていくと、友人はそれは更年期の症状に似ていると言いました。
更年期といえば女性特有のイメージでしたが、調べてみると男性にも起こるもので、症状のどれもが当てはまっていて驚きました。
これはもしや改善できるのではと思い、早速男性向けの更年期外来を提供しているクリニックに相談しました。
予約を入れて足を運び、受付で問診票を受け取り答え、先生の診察を受けて男性の更年期だと結果が出ました。
今までの悩みの原因が明確になったので、肩の荷が下りて気持ちが楽になったことを思い出します。
問題が根本から解決されたわけではありませんが、それでも解決の可能性が見えたことから、絶望が希望に変わりました。

不調の原因は男性更年期だった加齢とともに減少する男性ホルモンの治療注射をするだけの治療で劇的に改善